イタチの退治法と駆除する際の注意点を知っておこう

作業員
いたち

テグスや磁石が使える

磁石を鳩がよくやってくるところに上から吊り下げると磁界が広がってより強力な対策になります。磁石の種類は何でもいいですが、フェライト磁石とネオジウム磁石が強力です。ちなみに、巣が作られているときにはテグスを用意しましょう。

イタチの家屋被害対策

トリ

イタチの生態系

イタチは、本州、四国、九州といった本土だけでなく、壱岐、伊豆大島といったところの平地から山地までの広範囲に生息し、時折民家の近くにも出没します。その生息域は、河川沿いを中心として、地盤内に穴を掘って、そこに巣を作って生息しています。なお、北海道には、イタチが分布していないと言われていましたが、近年では本州から入ってきたものが定着していると言われています。エサとしては、カエルやネズミ、昆虫などとなっていますが、河川沿いに生息しているため、ザリガニや小魚類も好んで食べる雑食性の動物です。イタチは、単独で生活して、1年のうちのほとんどをオス、メス別々に過ごします。そのイタチの繁殖時期は、3月から6月にかけて、30〜35日の妊娠期間の後、2匹から10匹、平均して4匹の子どもを産みます。このように、自然の中で生活する分には問題ないのですが、このイタチが人間社会に関わってきますと、イタチ駆除の必要性が出てきます。

イタチ被害対策

イタチは、毛皮などに利用あれ、昔から人間社会に役立ってきた動物ですが、民家に現れて、屋根裏に住み着いて繁殖する場合もあります。そのため、糞尿などの汚れや、断熱材で営巣したり、生ゴミを散らかすなどの被害が出てくる場合もありますので、イタチ退治の必要性が高まります。このイタチ駆除や退治を蚊取り線香などを焚いた自己流で行う場合、一時的に追い出して効果があることもあります。しかし、数日後に、警戒しながら再び人間の目の届かない隙間などに侵入することがあります。イタチも学習能力がありますので、中途半端なイタチ退治は、後で専門業者が入った場合に、より困難となる場合もあります。なお、イタチ駆除や退治には、捕獲場所の市町村長の許可も必要となりますので、勝手にイタチ駆除を行いますと、法に触れることになりますので、注意が必要です。

蜂

スズメバチの危険性と対処

スズメバチは国内のハチの中でもっとも攻撃性が高いため、スズメバチ駆除は非常に困難なものになります。そのため、駆除は専門業者に任せた方がいいですが、まだ巣が小さいので自分で駆除するという場合は、万が一、刺されても身を守れるような格好をするようにしましょう。

ハチ

プロに依頼しよう

お茶を栽培している方にとって悩ましいのがハチです。ハチは益虫でもありますが収穫時期には作業を邪魔する昆虫ともなります。刺されると死亡事故に発展するケースもあるので注意が必要です。ハチで悩んでいる場合は専門店に相談して退治しましょう。専門店なら最適な方法をチョイスして問題を解決することができます。