イタチの退治法と駆除する際の注意点を知っておこう

作業員
  1. ホーム
  2. プロに依頼しよう

プロに依頼しよう

ハチ

茶畑を運営している方にとって悩ましいのがハチです。栽培されているお茶の木はドーム状に作られるのが一般的です。木の内部は風雨がしのぎやすい構造となるほかオニヤンマや鳥など天敵から身を隠すこともできるのでハチにとっては絶好のポジションとなります。そのため畑に植えてあるお茶の木はハチが好んで巣を作る場所となっています。春から夏にかけてのハチはお茶の葉を食べる害虫を駆除してくれる益虫でもありますが、一転して収穫時期には作業を邪魔する厄介な昆虫となってしまいます。とくに収穫時期にアルバイトなどを採用して集団で収穫作業を行う場合には、ハチを刺激しやすくなってしまうので事故が発生する前に退治も検討する必要があります。

茶畑のハチ退治は専門店に依頼しましょう。専門店ならハチの種類や場所に応じて細やかに対処することが可能です。ミツバチやアシナガバチの場合は女王バチに合わせて行動するので、女王バチを巣から移動させることで殺虫剤を使用せずとも対処することができます。キイロスズメバチやオオスズメバチなどの場合は燻蒸剤で対処できます。燻蒸剤を使用して活性を抑制してからマシンを使って一匹残らず回収し、専門店がハチの巣ごと回収して退治することも可能です。このような方法でハチ退治を行えば、茶畑の中で殺虫剤を使用することなく安全性を確保することができるので商品となるお茶を傷める心配もありません。お茶を栽培している方でハチ問題で悩んでいる方は専門店に相談してみましょう。